必見ソビエトデザイン展!

現代アート拠点ファブリカザリャーでは2017年4月17日から9月17日迄5ヶ月間ソビエトデザイン展が行われています。
 
 

 
 

1950年代~80年代のデザインですが、社会主義的な雰囲気とソ連黄金期のエネルギーが合わさった面白い雰囲気です。
 
 
 
 

 
 

 
 
ソ連は社会主義でビジネスが発展しなかったので、工業製品、商品を格好良くみせたり、ブランドイメージを高めるよ
 
うな工業デザイン(インダストリアルデザイン)の概念がなかったのですが、それでもソ連時代の国営企業が生産した
 
製品の中には、ソ連特殊の可愛いデザイン、社会主義的デザインというものが見え隠れします。(人気チョコレートの
 
アリョンカ包み紙など生活に密着したものも見れますよ~)
 
 

 

 

 

 

 

 
 
展示に際しては、主にモスクワ、サンクトペテルブルグの美術館、学芸員が総力し、展示方法もとても洗練されたもの
 
になっています。力の入れようが他の展示会とは違うので、開催期間も5ヶ月間と長期になっています。
 

 

 

 
アートというと分かる人には分かるみたいな風潮がありますが、この展示会は万人に開かれた理解しやすい楽しい展示
 
会になっています。入場は太っ腹で無料ですので、ぜひウラジオストクに来られた際はお立ち寄りくださ~い。

現代アート拠点ファブリカザリャーの紹介:http://urajio.com/item/0552

 

Categories

Locations

HPスポンサー

 

 

2018年2月24日ウラジオ氷上マラソン紹介(ロシア語)

赤レンガのグム裏通りの紹介

コサック&ロシア民謡「学ぶ」「見る」「聞く」紹介

ウラジオ定番名所の紹介