ユニーク音楽プロデューサー今瀬さんのウラジオ活動記!

8年前のウラジオストク山田前総領事とのヒョンな縁からウラジオストクの音楽、芸術界
 
と関わることになった音楽プロデューサー(兼ホルン奏者)の今瀬康夫さん。ウラジオ
 
ストクの音楽、芸術界では知らない人はいないという程の有名人。
 
今瀬さんの活動は以下のように本当に幅が広い。

 

・日本から様々な分野の演奏家、ミュージシャンを連れてきてウラジオストクでコンサートを開催。

 
           欧米各国の有名JAZZバンドの集まるJAZZフェスタにも日本人を送り込む。
 
                しばし今瀬さんもホルン奏者として舞台で演奏することも。
 
 
 
 

・日本のアマチュア―音楽隊向けのコンサート開催。

 
            アマチュア楽団だからこそ感動を呼び地元紙で取上げられることも多い。
 
 
 
 
・日本の音楽家、演奏者達と現地学校との交流事業。

 
         小学校や音楽学校でも日本との交流は常に歓待される。ロシア人親子共々大喜び。
 
 
 
 
・ウラジオストクのプロ音楽家を日本に招待し、日本各地でロシア音楽コンサートを開催。
 

     生まれの島根県から出発し、秋田、東京など日本各地でウラジオストクの音楽隊コンサートを開催。
 
 
 
 
・ウラジオストク国際音楽コンクールの審査委員長として学生審査と各国審査員達の指導。
 

          ロシア、中国、韓国の学生なども公平に指導、激励する。時に厳しい面も見せる。
 
 
 
 
・マリンスキー劇場、フィラルモニア音楽ホールなどへのプログラム、運営の提言、指導。
 

   2018年はマリンスキー劇場、フィラルモニア音楽ホール、芸術アカデミーの共同体制を呼び掛けている。
 
 
 
 
・極東芸術アカデミーの名誉教授として音楽家やその教師陣への指導。
 

       自分の耳には妥協しない姿勢で審査員からも一目置かれて審査委員長へ推された。
 
 
 
 
・ウラジオストク国際映画祭のサポート。
 

       2011年の出展作品「カルテット」では鶴田真由さん、剛力彩芽さん等に音楽指導をする。  
 
 
 
 
・日露各都市からの要望によるコンサート、芸術イベントの企画、手配。
 
 
・在ウラジオストク日本総領事館による要望による音楽事業の企画、手配 etc 

 
 

まだまだ書ききれないが、とにかく音楽、芸術方面においては圧倒的な日本人である。
 
このように書くと権威ある偉い感じの音楽プロデューサーであるが、至って普通、むし
 
ろかなり地道に1つ1つの仕事をこなしている
 
という感じである。 今回は音楽プロデューサー、名誉教授として派手にみえる裏側の地
 
道な活動を1週間追ってみた。

 
 

今瀬康夫さんのウラジオ1週間(2018年4月)

 
 
第1プロジェクト:国際音楽コンクール審査委員長(各国偏りなく公平を貫くのが素晴らしい)
 
             月~金まで午前9時~午後7時過ぎまで何百組の審査を行う。  
 
 
 
 
           中国、ロシア人の審査員達との議論もかなり熱を帯びる。(ややお疲れ)  
 
 
 
 
     第一審査、第二審査が終わり、表彰前にここでも侃々諤々。左奥はウラジオNo1指揮者スメルノフ氏。
 
 
 
 
        1週間の審査を終え、日曜日に表彰式。1等の学生のみ演奏ができる。ホールは超満員。
 
 
 
 
           日本から参加の和田志織さんは見事弦楽器(17-20歳)で1位となり演奏。
 
 
 
 
            表彰状の授与と記念撮影も重要な審査委員長の仕事。
 
 
 
 
            1週間のコンクールの成功と審査員である音楽家達との友情に乾杯!
 
 
 
 
第2プロジェクト:加藤登紀子さんのウラジオコンサート現場確認
 
          加藤登紀子さんのコンサートが6月に約25年ぶりにウラジオで開催される。
 
 
 
 
コンサート会場フィラルモニア音楽ホールの代表アンナさん達とリハーサル,音楽機材等について入念に打ち合わせ。
 
 
 
 
第3プロジェクト:マリンスキー劇場からの招待と打ち合わせ
 
           バレエ、オペラのマリンスキー劇場より打ち合わせを兼ねた鑑賞の招待。
 
 
 
 
 マリンスキー劇場との運営提携、その他日本人音楽家の招待等について運営責任者のティトフさんと打ち合わせ。
 
 
 
 
第4プロジェクト:アルチョム市コンサートの打ち合わせ
 
ウラジオストク空港のあるアルチョム市は文化芸術交流に力を入れ、10月に今瀬さん率いる楽隊のコンサートを招聘。
 
 
 
 
        アルチョム市副市長のデン氏と夕食を取りながら10月のコンサートについて相互確認。
 
 
 
 
御多忙の1週間終了
 
     朝から夜遅くまでの超多忙な1週間。さすがにお疲れのご様子。ウラジオストクの坂が少しきつそう。
 
 
 
 
番外編:今瀬康夫さんの御土産に対する気遣い
 

一見、音楽と関係ないのだが、お土産に対する今瀬さんのセンスと心遣いに驚嘆するロ
 
シア人、日本人が多い。本人曰く、決して高いものではないのだが、受け取る人の境遇
 
や好みを考え常にアイデアを巡らせてお土産を持ってくる。しかもトランク一杯にであ
 
る。ある日本人にはウラジオストクでは手に入らないであろうと、地方の港で購入した
 
海産加工品を渡したり、液体で重いおでんを持ってきたりする。あるロシア人が象の置
 
物が好きというと、海外公演にいった場所で象の置物を購入し、数千キロの飛行を経
 
て、ウラジオストクでプレゼントしたりする。海外と日本をつなぐ音楽プロデューサー
 
としての今日の今瀬さんの成功と関係があるような気がしてしようがない(考えすぎ
 
か・・・、いやお土産で感動を生むのと音楽で感動を生むのは共通しているにちがいな
 
い。)
 

      おでん汁がだいぶ重いと思われる紀文のおでん。異国ウラジオストクで食べると格別である。     

 
 

取材,責任執筆:宮本智

 

Categories

Locations

ウラジオcom運営会社

2018年9月15,16日 音もバリバリ大迫力国際D1グランプリ

来る価値あり2018年5月9日戦勝記念パレード

感動&芸術&笑いのサーカス紹介(プログラムは定期的に変更)

グム裏通りの紹介

<