ウラジオ発:芸術アカデミー副学長 アレクサンドル・キリーロヴィチさん

You are here Home  > ウラジオの人々 >  ウラジオ発:芸術アカデミー副学長 アレクサンドル・キリーロヴィチさん
Item image

芸術大国ロシアをささえる芸術家達を育成する機関として芸術アカデミー(4年制)。芸術アカデミーはロシア全土にありますが、その極東ロシア校がウラジオストクにあります。そのウラジオストク芸術アカデミーの副学長で、プロのバヤン(ロシア式アコーディオン)演奏家であるアレクサンドル・キリーロヴィチさん(КАПИТАН АЛЕКСАНДР КИРИЛЛОВИЧ)にお話を伺いました。
 

 
 
-何歳からアコーディオンを引かれているのですか?
11歳からです。11歳から始めて、14歳の頃に、推薦を受けて音楽学校へと進みました。
 
 
-アレクサンドルさん自身に音楽の才能があると思ったのは何歳くらいですか?
才能があるというのは自分ではあまりよくわかりません。ただ私は音楽を演奏するのが好きで、その能力を先生方が認めてくれ音楽学校、プロ演奏家としての道を開いてくれました。
 
 
-今も練習はされるのですか?
もちろんですよ。芸術家は死ぬ瞬間まで精進していかなければいくものです。今も学校で教えながら、学生達から沢山のことを学びますし、学校で私自身も練習していますよ。
 

 
 
-ご自宅では練習されないのですか?
家に帰ったら、くたくたで家族と時間を過ごして、寝て終わりです。一応、芸術アカデミーの副学長をしているので、ペーパーワークも、このように沢山あるのですよ。(机の上の書類の山を見せてくれる)
 
 
-アレクサンドルさんの教え子にはアレクサンドルさんよりも上を行く学生はいますか?
私なんかより上手で才能あふれる学生は沢山いますよ。今の学生の中にも、いますし、卒業生でもヨーロッパ、アメリカ等で大活躍するプロ音楽家がいます。
 
 
-アレクサンドルさんの部屋には日本での演奏写真や日本に関連するものが沢山ありますね?
そうですね。私は1990年代にロシア人3人組で加藤登紀子さんのバックバンドとして活動していました。数年間に渡って、加藤さんのコンサートに帯同し、日本各地にアコーディオンを持ってツアーしましたよ。とても良い思い出でした。今も加藤登紀子さんとのつながりがあり、たまに連絡とります。「百万本のバラ」「知床旅情」などは日本でもロシアでも人気のメロディーですね。
 

                         加藤登紀子さんのバックバンドとして活躍するアレクサンドルさん
 
 
 
 

                                東京の大学等でも演奏会を行なった
 
 
-今も日本へコンサートしに行かれたりしますか?
以前みたいに頻繁ではないですが、たまに行きます。昨年も芸術アカデミーの今瀬康夫氏にアレンジしていただいてコンサートを行いました。
 
 
-今後も日本との活動は続きそうですか?
今、新しい日本人向けの取り組みを始めています。日本人の旅行者が増えてきており、当アカデミーを会場としてのコンサートです。私自身も演奏する予定ですが、それ以外にも優秀な学生にも演奏してもらい、ウラジオストクの音楽家を間近で感じてもらえればと思っています。当アカデミーは55年の歴史があり、建物自体も日本人にとっては魅力的かと思うので、そんな環境の中で、音楽に触れてもらえる機会を作れればと思っています。
 

 
いつもにこやかに迎えてくれサービス精神旺盛なアレクサンドルさん。インタビュー中にはバヤンで知床旅情を演奏してくれてしまいました。アレクサンドルさんの話からは、芸術家はいつまでも練習し、人生最後の日まで精進するという芸術家の運命を見た気がしました。自分が教えている学生からも貪欲に学んでいるアレクサンドルさんの演奏力がまだまだ向上しそうでした。



極東芸術アカデミー副学長 アレクサンドル・キリーロヴィチさん

Leave a review

Price
Location
Staff
Services
Food

ウラジオストクに関してのご質問・聞きたいこと?お気軽に♪

contact




 

Categories

Locations

HPスポンサー

 

 

赤レンガのグム裏通りの紹介

コサック&ロシア民謡「学ぶ」「見る」「聞く」紹介

ウラジオ定番名所の紹介

2017年9月23日ウラジオ国際マラソン紹介(ロシア語)

2017ウラジオ氷上マラソン紹介(ロシア語)

虎の日(9月最終日曜)の紹介(ロシア語)