ウラジオ発:日本に惚れた画家&芸術アカデミー教授 イゴーリ・バリソービチさん

You are here Home  > ウラジオの人々 >  ウラジオ発:日本に惚れた画家&芸術アカデミー教授 イゴーリ・バリソービチさん
Item image

葛飾北斎、安藤広重、喜多川歌麿に大きな影響を受け、本人も日本の風景を描いて36景を作ったほどの日本好きの芸術家イゴーリ・バリソービチさん(Игорь Борисович)。2012年のウラジオストクAPECの際は、日本とも共同で36景の展覧会を行い好評を博した。最近は普通の風景画のみならず、陶器に絵画を描く作品にも取り組んでおり、こちらも評価されている。ジョンレノンを彷彿される風貌も特徴的なイゴーリさんに、日本から受けた芸術的影響、36景を描いた経緯などを聞いてみました。
%e3%82%a4%e3%82%b4%e3%83%aa%ef%bc%91
—-生い立ちや画家になった経緯を教えていただけますか?
僕は1970年にウラジオストク空港に近いアルチョム市に生まれ育ったんだよ。普通の男の子だったんだけど、
とにかく描くのが好きでね。海で働くための学校も卒業して、働こうと思ったんだけど、描くのが好きすぎて、
海男(シーマン)になるのを辞めて、画家の道に入ったんだよ。だから普通の画家よりもかなり遅く芸術学校には通うことになったんだ。23歳に専門学校で4年勉強して、それから6年間芸術アカデミーで学んだから、
卒業したら33歳になってたよ。そしてそれからプロの画家としてスタートすると共に、アカデミーの教師となったわけ。

—-イゴーリさんの作品には日本を描いたものも多いのですが、日本とイゴーリさんの関係を教えていただけますか?
ソビエト時代も今も絵画を勉強するロシア人は北斎、広重、歌麿の3人について学びます。量は多くないですが、必須科目です。学生時代にその3人に触れる機会があって、それが僕には衝撃的で深くのめり込んでいったんだよ。日本人は知らないかもしれないけど、この3人の作品はフランスの印象派なんかにも大きな影響与えたんだよ。凄い人達だね。僕の作品にはこの人達を始めとした江戸以前の日本絵画の影響があるね。
%e3%82%a4%e3%82%b4%e3%83%aa
—-イゴーリさんの描いた36景について教えていただけますか?
僕は2011年の3月に日本に行く予定だったんだ。丁度その時に3.11の大震災が起こってね、周りは反対する中、
どうしても行きたくて、結局行ったんだ。そしてその際に、震災下での日本人の振る舞いを目にした。とてもビックリ、感動したよ。だって、あの震災で大変なときにも関わらず、社会秩序が乱れることなく、犯罪もなく淡々、黙々と人々が復興活動して、生活しているんだよ。そしてそういう環境の中で、日本の風景を書き残しておきたくなってあの36景を描いたのさ。36景というのは御存知の通り葛飾北斎の富嶽三十六景からとっているんだけどね。ロシア人が描く36景なんて珍しいだろ?僕も色んな作品描いているけど、あの震災下での日本の状況と36景という北斎と同じことをしたという意味で、あの36作品には特別な思いがあるんだ。日本で展示会開いて、日本人の反応が見れる日が来るといいな。

A

A

A

A


—-イゴーリさんの好きな都市はどこですか?
僕は2011年の時に神奈川、東京に滞在したのだけど、鎌倉はしょっちゅう行ったよ。また鎌倉行きたいな。
それと横浜三渓園。あそこは何か特別なインスピレーションが降りてくる場所だね。
%e3%82%a4%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%aa6
—-イゴーリさんの最近の活動について教えていただけますか?
ここ最近は、香港、中国、ロシア国内での展示会が多いね。先週も香港に行っていたよ。来年2月は上海で展覧会に参加する予定だよ。それと来週はウラジオストクで陶器に絵付けした作品展を開くよ。白いお皿や器に、
描くんだ。大体はウラジオストクに関連した「海」や「トラ」のものが多いかな。25作品ほど並べるんだけど、
既にどれも好評得ているから、ぜひ見に来てよ。
%e3%82%a4%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%aa%ef%bc%94

%e3%82%a4%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%aa5
人懐こく、親しみやすい人柄で、教師でありながら教師らしくないところが人気のイゴーリさん。学部長のナタリヤさんをいつもサポートし、よい右腕で、よい父でもあるイゴーリさんの作品には、そんな人柄があらわれた優しい作品が多い。陶器に絵付けされた作品を目の前で見たが、とても可愛らしく欲しくなりました。そんないゴーリさんの作品の背後にはいつも日本があると思うとなんか嬉しくなりました。



Leave a review

Price
Location
Staff
Services
Food

ウラジオストクに関してのご質問・聞きたいこと?お気軽に♪

contact




 

Categories

Locations

HPスポンサー

 

 

2018年2月24日ウラジオ氷上マラソン紹介(ロシア語)

赤レンガのグム裏通りの紹介

コサック&ロシア民謡「学ぶ」「見る」「聞く」紹介

ウラジオ定番名所の紹介