日本人街旧跡

You are here: Home  > 日本人街旧跡

  • Item thumbnail

    ウラジオ発:旧日本人街「ウラジオストク鉄道駅」

    最初の建物は1891年に建てられ、1912年に現在の建物となった。1912年に敦賀-ウラジオストク航路が開かれ、ウラジオストク駅経由で日本からヨーロッパまで2週間で行くことが可能となった。 日本語名:ウラジオストク鉄道駅

  • Item thumbnail

    ウラジオ発:旧日本人街「旧「浦潮日報」編集部」

    「浦潮日報」第一号は1917年に発行された。日本の有力企業家の資金と日本政府の援助により日刊として発行されていた。当時の現地日本人の重要な情報資源であった。 日本語名:旧「浦潮日報」編集部    

  • Item thumbnail

    ウラジオ発:旧日本人街「旧商船組」

    1919年に定期船の代表事務所として創立された。運送、倉庫業に営んだ。ソビエト誕生後、ソビエト連邦に存在する唯一の日本企業となるが、1937年には閉鎖された。 日本語名:旧商船組    

  • Item thumbnail

    ウラジオ発:旧日本人街「旧横浜正金銀行」

    1918年、横浜正金銀行はウラジオストク支店を開設した。日本の満州経営に一役担った。1924年ウラジオストク支店は閉鎖され、ハルビン支店へ移管された。 日本語名:旧横浜正金銀行    

  • Item thumbnail

    ウラジオ発:旧日本人街「旧杉浦商店」

    1880年、アメリカと取引していた横浜の貿易商会がウラジオストクに支店を開設。横浜の本社が倒産したが、ウラジオストク支店の杉浦久太が支店の財産を相続し、杉浦商店とした。 日本語名:旧杉浦商店    

 

Categories

Locations

ウラジオCOM運営会社

2018年2月24日ウラジオ氷上マラソン紹介(ロシア語)

グム裏通りの紹介

<

コサック&ロシア民謡「学ぶ」「見る」「聞く」紹介

ウラジオストク定番名所の紹介

<>