Daily Archives: 2017年9月17日

ウラジオ簡易ビザの申請から入国まで!!

申請フォームで名字(姓)と名前を逆に入力し入国できないケース有り,再再確認を!

滞在は入国から8日目の23時59分迄です!!(実質7日間と思った方がよいです)

日本総領事館からの注意必読↓『ロシア電子査証有効期間の件』(2018年8月7日)
http://www.vladivostok.ru.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000240.html

2017年8月8日からウラジオストクの簡易ビザ制度がスタートしました。※サハリン、カムチャッカでも制度スタート予定ですが設備が遅れており2018年5月現在まだ導入されておりません。
2018年は4か月で日本人だけでも利用者が1000人程になっています。

今まではロシア大使館に行ったり、ビザ会社にお願いしなければいけなかったビザがネットで申請して、送られてくるPDF電子ビザをプリントアウトするだけでOKになりました。今までは最低1-2週間の手間がかかりましたが、簡易ビザ制度で楽々です。

基本的に沿海州が日本人大歓迎、たくさんお越しくださいということで実施している制度なので、よほどのことがない限りビザは即日~3日以内に発行されます。ウラジオストク空港の入管職員もこの件に関してはだいぶ寛容で、ウエルカムな感じです。

◆ウラジオストク簡易ビザ制度の基本的な内容(重要なので再度ご確認ください!)

1)ウラジオストク空港、港、陸路の3点から出入りした場合が現在は有効です。
※2018年1月より陸路でウラジオストクに入る場合も対象になりました。

2)ウラジオストクを含む沿海州の滞在のみOK。モスクワ、ハバロフスクなど他都市へいくことはできません。(2018年5月現在、サハリン、カムチャッカは制度がまだ始まっておりません。)

3)入国予定日の20日~4日前迄に申請する必要があります。例えば9月21日に入国したい場合、最低でも9月1日~9月16日の間に申請しないといけません。
※21日以上前には申請できません。

4)送られてきた電子ビザはプリントアウトして常時携行する必要があります。空港でチェックしたり、滞在ホテルでコピーとったりします。

5)滞在は入国した日の入国時刻から8日目の同時刻までです。例えば9月21日19時16分に入国した場合、9月29日の19時16分までに出国しなければなりません。

◆電子ビザ申請から取得、入国出国までの流れ

1)https://evisa.kdmid.ru/ja-JP/Home/Index から入力、申請する。

2)メールでPDF形式の電子ビザを受け取り、プリントアウトする。

3)プリントアウトした電子ビザを空港カウンターやウラジオストク空港(港)の入国ゲートでパスポートと一緒に提示。ホテルでも確認する。

4)滞在中はパスポートと一緒に携行し、出国時も出国ゲートで提示する。

◆申請書の入力方法と流れ

1)氏名生年月日、出生地等の入力
2)入国目的、入国予定日の入力
3)メールアドレス、住所、所属先住所等の入力
4)パスポート情報の入力
5)ロシア人の親戚有無の入力
6)顔写真のアップロード
7)全入力情報の確認および申請(送信)

ではここから申請サイトに入りhttps://evisa.kdmid.ru/ja-JP/Home/Index入力していきましょう!

           こちらが成功した際の写真(こんな配置がよさそうです)
 
 
 
 

                  これが電子ビザ、白黒プリントアウトでOK
 
 
                

電子ビザにかかわる管轄はロシア外務省、ロシア大使館、ウラジオストク入国管理局にありますので、その管轄の説明書きや回答に最終的には依拠することになります。

当サイトでの情報は、日本人で電子ビザ制度を利用した数十名からのヒアリングおよび入国管理局職員からの談話など現場での状況をもとに構成しています。ここまで数十名の方からのヒアリング情報、現場での確認状況からすると、特にここ1カ月で問題は出ておりませんので、おそらく当サイトの記載で問題はないとおもいますが一応当サイトの立ち位置をご理解くださいませ~

ぜひぜひ簡易ビザを利用してウラジオストクへお越しくださいませ~

いや~本当に隔世の感ありますよ

 

Categories

Locations

ウラジオcom運営会社

2018年9月15,16日 音もバリバリ大迫力国際D1グランプリ

来る価値あり2018年5月9日戦勝記念パレード

感動&芸術&笑いのサーカス紹介(プログラムは定期的に変更)

グム裏通りの紹介

<